大学の友人に連絡を取り、この話をすぐにしてみることにしました。
どうしても釈然とした気分になれないし、彼はどのようにして相手を探してるのかも聞き出したいという気持ちがありました。
この話を彼に向けたところ、自分が知らなかったような事実を教えてくれたのです。
「ああ、それ援デリっていう業者だよ。
ホ別2とかホ2とか割り切りとか書いてなかったか?」
「あった、ホ別2」
「それはこの世界の隠語でね、ホテル代は別で2万円の小遣い渡す意味。
業者が派遣した女だからね、30分っていうのは当たり前なんだ」
業者とか初めて聞いちゃって、ひたすら驚くばかりでした。
さらに彼は詳しく話を進めてくれたんです。
「無料の掲示板なんて絶対にダメだね、悪質な利用者しかいないから。
業者には未成年もいたりして犯罪者になっちゃうことだってあるんだよ。
美人局なんて詐欺まであるから、利用価値なんかないんだ」
彼の話を聞いて背筋が凍りつくのを感じてしまいました。
そんな危険な場所でエッチの相手を探してしまったのかと、悔やむばかりでした。
「お前はどうやって相手探しているの?」

これだけはどうしても聞きたい部分でした。
彼は無事にセックスの相手をみつける事ができているのです。
その方法を真似することによって、自分にもその場限りの関係を楽しむことができるようになります。
「俺は出会い系サイトPCMAXだよ。
利用料金が必要だけど、健全運営しているから素人女性も多いし、特にセフレ関係には強いサイトだから、ここはオススメだね」
彼は出会い系サイト利用して、タダマンお相手と知り合うことができてパコパコ楽しんでいる、これは本当に自分も使っていかなければならないと思ってしまいました。
思いっきり激しく性処理をしたい、この一念もあってすぐに彼が利用している出会い系に登録を始めていきました。